喪主の役目

一週間ほど前にわりと近くに住んでいる伯父の家へ行ってきました。
ちなみにこの伯父は独身貴族で家庭を持っていません。
その代わり一人暮らしをずいぶんとエンジョイしているようですが・・・。(^_^;)
そんな伯父と行きつけの居酒屋でビールを飲んでいたのですが、その際に軽い感じで「俺が死んだら、お前が葬式あげといて!遺産は残ってたらお前にやるから!」と言われてしまいました。
自分に喪主なんか務まらないのでは?という話をしていると、簡単に説明してくれました。
喪主の仕事のほとんどは弔問客や僧侶への対応と葬儀の節目にある挨拶をすることだそうです。
後は葬儀社さんがやってくれるし、自分の葬儀の時は規模も小さいだろうから難しいことはないと言っていました。
気になって少し調べたのですが、喪主になってやるべきことというのは挨拶もあるのですが、それ以外には精進料理や葬儀の段取り等をどうするかを判断しGOサインを出す仕事もあるようです。ただし、地域や葬儀の規模によってはもっとやらなければいけないことがあるかもしれません。
まぁ、赤の他人ができるようなことは全て葬儀社さんがやってくれて、それ以外を喪主や親族で行うといった感じでしょうか?
お酒の席での話とはいえ結構な大役?を任せられてしまいました。
話の途中で予算はどうするんだろう?俺が出すのか?と怖い考えが浮かびましたが、特に考えないようにしようと思います。

Comments are closed.